Quarkus リリースノートまとめ

f:id:Naotsugu:20191119224111p:plain

Quarkus 1.4

2020年4月

  • Java11 が標準となり Java8 が非推奨になった
    • Java8 のサポートは Quarkus 1.6 で終了予定
  • コマンドラインアプリケーションの構築が可能となった
  • HTTP/2 サポートが追加された(デフォルト有効)
  • Funqy という FaaS フレームワークが導入された
    • Amazon Lambda や Azure Functions などで利用できる
  • CDI ビーンズのモック化が簡単に可能となった
  • MongoDB クライアントがバージョン4にアップグレードされた
  • Vault KV Secret Engine がバージョン2にアップグレードされた
  • SmallRye Reactive Messaging がバージョン2にアップグレードされた
  • 新しい拡張
    • Keycloak Admin Client 用の専用の拡張追加
    • Amazon Alexa サポートの追加
    • LDAP 認証の追加


Quarkus 1.3

2020年3月

  • クラスローダの刷新により潜在的な問題が解消された
  • 単一の Vert.x インスタンスで処理を行うことでリソースが低減
  • ASCIIアートのバナー追加
  • Mutiny という新しいリアクティブプログラミングAPIの導入
  • Kubernetes や OpenShift へのデプロイの簡素化
  • SmallRye 拡張が Eclipse MicroProfile 3.3 向けにアップデート
  • HTTP read timeout の追加
    • デフォルトで 1分
  • GraalVM 20.0 サポート
  • Hibernate ORM の bytecode enhancement による自動関連管理は今後無効
    • quarkus.hibernate-orm.second-level-caching-enabled で second level caching を無効化可能
  • Spring 互換レイヤの最適化
    • 必要なAPIとアノテーションにトリムダウンされ、サポート機能のみの依存
  • 新しい拡張
    • コンテナイメージのビルド容易化
    • OptaPlanner
    • Security JPA
    • Spring Cloud Config Client
    • AWS X-Ray
    • Qpid JMS
    • Liquibase
    • Reactive MongoDB with Panache


Quarkus 1.2

2020年1月

  • GraalVM 19.3.1 をサポート
  • キャッシュ extension
    • CDI Beans の戻り値をアノテーションベースでキャッシュ可能
  • メトリクスの継続的な改善
    • データベースコネクションプール(Agroal)のメトリクス
    • Hibernate ORM のメトリクス
  • HashiCorp の VAULTのサポート
    • CredentialやAPI 鍵の保管から、ユーザ・サインアップ用のパスワードの暗号化などを扱うシークレットデータ管理ツール
  • MicroProfile Fault Tolerance の新しい実装
    • Netflix の Hystrix から SmallRye へ移行
  • Hibernate ORM で自動関連管理を無効化した
  • Hibernate Validator で Accept-Languageヘッダーによりロケールを自動解決
  • CDI (ArC) でのトランザクションオブザーバのサポート追加
  • Mailer 拡張で、メール送信時に Qute テンプレートが利用可能


Quarkus 1.1

2019年12月

  • GraalVM は 19.2.1 をサポート
    • GraalVM 19.3 へのアップグレードはいくつか問題があり Quarkus 1.2 に持ち越し
  • 新しいテンプレートエンジン Qute を experimental(実験的)として追加
  • Configuration フレームワークの更新
    • quarkus-config-yaml 拡張で YAML 形式をサポート
  • Spring API のサポートに Spring Security API を追加
  • Gradle のバージョンを 6系に変更
    • 旧来ユーザは Gradle plugin の宣言を変更する必要あり
  • Logging の改善
    • logging-gelf 拡張で Graylog Extended Log Format(GELF)をサポート
    • logging-json 拡張で JSON 形式のログフォーマットをサポート
    • logging-sentry 拡張で Sentry によるイベント監視をサポート
  • Kogito 0.6 へのアップデート
    • Kogito はルール/プロセスエンジン
  • Quartz 拡張にクラスタ化されたJOBのサポートを追加