2022-11-01から1ヶ月間の記事一覧

cargo-wasi で WebAssembly コンパイルするには

blog1.mammb.com cargo-wasi とは cargo-wasi は Cargo のサブコマンドとして利用でき、Rust コードの WebAssembly コンパイルを簡単にします。 cargo-wasi を利用することで、以下に示すビルトインのデフォルト処理が行われます wasm32-wasi ターゲットの管…

Git ブランチ名を master から main に変更する手順

ブランチ名の変更 $ git branch -m master main 変更したブランチの Push $ git push -u origin main HEAD参照の変更 $ git symbolic-ref refs/remotes/origin/HEAD refs/remotes/origin/main Github 上でデフォルトブランチ変更 ブランチの設定からデフォル…

Rust で WebAssembly へコンパイルするには

blog1.mammb.com WebAssemblyターゲットの追加 Rust には、ビルドターゲットとして WebAssembly のサポートがあります。 ビルド時の --target フラグでターゲットを指定することで、WASMへコンパイルすることができます。 WASMのビルドターゲットには以下が…

WebAssembly ランタイム Wasmtime のインストール

blog1.mammb.com Wasmtime command line tool のインストール手順です。 macOS へのインストール (brew) macOS で brew の場合は以下でインストールします。 $ brew install wasmtime $ wasmtime -V wasmtime 3.0.0 Linux / macOS へのインストール Linux や…

E2Eテストフレームワーク Playwright の始め方

Playwright とは インストール アップデート テストの実行 テストの宣言 テストフィクスチャ Locators アサーション テストコードの記録 まとめ Playwright とは Selenium ・ Selenide ・ Cypress などと同様な E2E テストツールで、MS により OSS として開…

逆引き WebAssembly

適宜追記していきます。 WebAssembly ランタイム Wasmtime のインストール - A Memorandum Rust で WebAssembly へコンパイルするには - A Memorandum cargo-wasi で WebAssembly コンパイルするには - A Memorandum WebAssembly のテキスト表現 WAT を WASM…

Gradle のビルドで使用するJavaバージョンを指定するには

blog1.mammb.com Gradle 6.7 以降で Java ツールチェーンを利用できるようになりました。Java ツールチェーンを使うことで、要件に合う JRE/JDK を自動検出し、見つからない場合には自動的にダウンロードしてビルドすることができます。 build.gradle.kts(bu…

逆引きGradle - もじく -

随時更新の Gradle 逆引き辞典です。 プロジェクトの Gradle をバージョンアップするには - A Memorandum Gradle のビルドで使用するJavaバージョンを指定するには - A Memorandum Gradle 8.0 におけるツールチェーンリポジトリの変更 - A Memorandum

プロジェクトの Gradle をバージョンアップするには

blog1.mammb.com Gradel プロジェクトのルートディレクトリで以下のコマンドを実行します。 $ ./gradlew wrapper --gradle-version=7.X.X 推奨はされていませんが gradle/wrapper/gradle-wrapper.properties の以下を希望のバージョンに書き換えることもでき…