Jakarta EE 10 - Jakarta Standard Tag Library 3.0 変更内容まとめ


はじめに

Jakarta EE 10 で 2.0 から 3.0 へバージョンアップする Jakarta Standard Tag Library の変更点のまとめです。

1 記事にする程の変更点でも無いのですが、タグライブラリが URN に変更されているので、ここにまとめておきます。


タグライブラリ URI を URN への変更

Facelet タグでも同様の変更が行われましたが、JSTL についても URN を利用するようになりました。

http://xmlns.jcp.org/jsp/jstl/corejakarta.tags.core に置き換わります。

http://xmlns.jcp.org/jsp/jstl/fmtjakarta.tags.fmt に置き換わります。

JSPでは以下のように記載することになります。

<%@taglib prefix="c" uri="jakarta.tags.core" %>
<%@taglib prefix="fmt" uri="jakarta.tags.fmt" %>

Facelet では以下のようになります。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:c="jakarta.tags.core"
      xmlns:fmt="jakarta.tags.fmt">
    ...
</html>


JPMS 用のモジュールインフォクラスの追加

他の仕様と同様に JPMS 用に module-info.java が以下の定義で追加されました。

module jakarta.servlet.jsp.jstl {
    exports jakarta.servlet.jsp.jstl.core;
    exports jakarta.servlet.jsp.jstl.fmt;
    exports jakarta.servlet.jsp.jstl.sql;
    exports jakarta.servlet.jsp.jstl.tlv;

    requires transitive jakarta.el;
    requires transitive jakarta.servlet;
    requires transitive jakarta.servlet.jsp;
    requires transitive java.sql;
    requires transitive java.desktop;
}


その他の変更

  • jakarta.xml.bind-api の依存削除
  • Java 11 以降をターゲットに変更